自動フォーマット

Crescendoは音符の自動フォーマットに対応しています。自動フォーマットには楽譜の自動フォーマット、小節の自動フォーマット、新規音符の自動フォーマットの3種類があります。

楽譜の自動フォーマット

楽譜内の全ての音符をチェックし、音符の長さと小節の幅に応じて音符を自動的に配置します。長い音符には短い音符より大きなスペースが割り当てられます。楽譜の自動フォーマットは以下のいずれかの手順で行うことができます。

小節を自動フォーマット

選択した小節のみを自動的にフォーマットします。必要な小節をクリックして選択し、以下の手順で自動フォーマットを行います。

注:より正確なフォーマットを行うには小節に十分な幅が必要です。小節の幅が狭すぎる場合はビートをキープするために小節が重なってしまう場合がありますのでご注意ください。

新規音符のフォーマット

特定の小節内に配置される新しい音符の間隔を自動的にフォーマットして配置します。音符の配置は音符の長さや小節の幅、小節内の音符数により決定します。新規音符の自動フォーマットのオン/オフ切り替えは以下の手順で行います。