VSTiプラグインのサポート

この機能を使うと、バーチャルスタジオテクノロジーインストルメント(VSTi)DLLプラグインを使って楽器を選び、楽譜を再生することができます。「パート」画面の下部にある「VST」ボタンをクリックするとVSTi画面が開き、譜表ごとにVSTiの選択や設定を行うことができます。この機能を使うには、必要なVSTiプラグイン(.dllファイルでなければなりません)をダウンロードし、全て同じファイルに保存します。必要に応じて音声オプション画面でVSTiプラグインの保存場所を指定します。また、VSTiを使って再生する譜表ごとにVSTiを選択します。

インターネットで検索いただくとhttp://www.soundhouse.co.jp/category/middle/192http://www.kvraudio.com(外部サイト)などのサイトから様々なプラグインをダウンロードいただけます。