電子メールの詳細設定のダイアログボックスで、Express Scribeを使った電子メールの送信方法を設定することができます。

電子メールの詳細設定を開くには、「送信」ボタンをクリックし、「電子メールの詳細設定」ボタンをクリックします。

メール送信タイプ:MAPI またはSMTP

Express Scribeは、MAPIまたはSMTPの2通りの方法で電子メールを送信することができます。

デフォルトでは、お使いのコンピュータにインストールされているメールソフト(Eudora、Netscape Mail、Lotus Notes、Outlook、Mail, Thunderbird など)を使ったMAPIシステムで送信するよう設定されています。この場合、事前にメールソフトがインストールされており、デフォルトのMAPIサーバーとして設定されている必要があります。MAPIシステムを使うと、普段お使いのメールソフトでメールの送信ができるため便利ですが、Outlookをお使いの場合はユーザー入力を要求するプロンプトが繰り返し表示されるなどの問題が発生する場合があります。MAPIによる送信に問題がある場合は、SMTPをお使いください。

「SMTPを使ってメールサーバーに直接送信」を選択した場合、電子メールはExpress Scribeから直接送信されます。お使いのインターネットプロバイダがメールの送信用に使用しているSMTPメールホストと、返信用の電子メールアドレスを入力してください。SMTPメールホストがわからない場合は、お使いのインターネットプロバイダにお問い合わせください。

電子メールの送信に問題がある場合は、こちらのページをご参照ください。