文章内に「しおり」を設定し、後から簡単に必要な個所を検索することができます。聴き取りにくかった箇所や、別のタイピストへの引き継ぎ箇所などに設定すると便利な機能です。

しおりはCtrl+Bを使って設定し、Ctrl+左矢印やCtrl+右矢印を使って各しおり間を移動します。「しおり」メニューの「しおり一覧を開く」のプルダウンまたはCtrl+Shift+Bを使用して、現在のディクテーションの全しおり一覧を開くことができます。一覧画面で「しおりの設定時に詳細を訪ねるプロンプトを表示」にチェックを入れると、新しくしおりを設定する度ににコメントの入力を要求するプロンプトが表示されるようになり、入力したコメントがしおり一覧に表示されます。コメントは、例えば「ここまで完了」というコメント挿入し別のタイピストに引き継いだり、耳で聞いただけでは判断しにくい箇所に「橋と箸のどちらですか?」と言ったコメントを入れて確認を取ったりと言った使い方ができます。

一覧画面の「削除」ボタンを使うと、選択したしおりを削除することができます。

備考:現在のバージョンでは、DCTファイルフォーマットによるしおりの保存には対応していません。

こちらもご覧ください:

ワープロソフトの使い方

ファイルの転送