作業中のシーケンスにクリップを挿入する手順は以下の通りです:

複数のクリップが1つのシーケンス上に同時に挿入された場合、最初のクリップが指定した位置に挿入され、2つ目のクリップはその右側に挿入されます。

挿入方法

シーケンスの冒頭に挿入
動画または音声のトラック1の0:00:00.0にクリップが挿入されます。 これらのトラック上に既に存在するクリップがある場合は、新しく挿入したクリップは既存のクリップの左側に入り、既存のクリップは全体が右方向に移動します。

シーケンスのカーソル位置に挿入
動画または音声のトラック1にクリップが挿入されます。挿入位置は再生カーソル(赤い縦線)がある位置です。 これらのトラック上に既に存在するクリップがある場合は、新しく挿入したクリップは既存のクリップの左側に入り、既存のクリップは全体が右方向に移動します。

新規トラックのカーソル上に挿入
クリップは配置される場所にクリップが無い最初のトラックの再生カーソル(赤い縦線)がある位置に配置されます。

シーケンスの末尾に挿入
動画または音声のトラック1の一番後ろにクリップが配置されます。 クリップが後ろに挿入される形になるため、シーケンスの長さが長くなります。

シーケンスにクリップを挿入ダイアログで「選択した作業を常に行う。今後このメッセージを表示しない。」にチェックが入っている場合、後続のクリップの挿入にも同じ方法が使われます。 この設定はオプション -> メディア -> 新しいクリップを挿入する場所で後から変更できます。