文字ツールは用途を問わず使えるツールですが、歌詞の入力には歌詞ツールの方が効率的です。

音符に歌詞をつけるには、文字のツールボックスから歌詞ツールを選択し、歌詞を挿入する音符のすぐ下にマウスを移動します。正しい音符から延びる形でガイド線が表示されたら歌詞の追加/編集ボタンをクリックします。文字の入力/編集ボックスが開き、ここで歌詞の文字の挿入や編集を行うことができます。文字の入力領域に文字をタイプ入力します。音符に対する歌詞入力が終了したら以下のいずれかのキーを押して次の作業を選択します:

選択ツールを使うと歌詞を通常の文字として動かすことができます。また、歌詞の文字を右クリックするとメニューが表示され文字の編集や文字サイズやフォントなどの選択ができます。文字を書き直すだけの場合は文字をダブルクリックします。

注: 歌詞の文字の書式を変更すると同じ節の全ての歌詞にこの書式が適用されます。歌詞は他の一般的な文字入力と違い、音符に繋げて入力します。接続用の線が表示されない場合はマウスポインタの周辺に歌詞を挿入できる音符が無いということを意味します。

歌詞の文字も通常の文字と同様に配置アシスト線の表示や移動ロック機能が使えます。