楽譜書き起こしツールは音楽ファイルの楽譜書き起こしをアシストする機能です。複数のパートからなる音楽の音符を正確に検出できる シンプルで使いやすいツールです。書き起しツールをより早く使いこなせるようになるために以下の説明を良くお読みください。

はじめに

まず最初に、書き起しを行う音楽ファイルを読み込みます。

注:パフォーマンスを向上させるには音声を48000hz/16ビットのWAVファイルに変換してください。

ファイルが読み込まれると画面上部に音声の波形が表示されます。中央のメイン画面には検出されたピッチが表示されます。 ファイルの大きさによっては読み込みが完了するまでに1~2分かかる場合がありますが 読み込みの完了を待たずに作業を開始することができます。読み込みが完了していない部分は灰色で表示されます。 画面の左下部にステータスバーが表示され、どの程度の読み込みが完了したかを確認することができます。 音声が読み込まれるとメイン画面に周波数が表示されます。周波数はキー上に表示されている音を示しています。 再生ボタンをクリックすると音声の再生が始まります。音符の流れを見ながら音声を聴くことができます。

次の項目ではこの画面の読み方などにつき詳しくご説明します。

画面の読み方

楽譜書き起こしツールのメイン画面には書き起しを行う音楽の周波数が表示されています。鍵盤が表示されている方向には音の高さが表示され、 数字が書かれている方向には時間の経過が表示されます。画面上に表示される点はそれぞれの時点で検出された周波数を表しています。 線状に表示されている部分は長く持続している音を意味します。点の色の濃さは音量を表しています。音が大きいほどハッキリした色で表示され 小さいほど薄く表示されます。

どの音が演奏されているかは、どの鍵盤に対応する線内に点が表示されているかでわかります。鍵盤に対応する線は 画面上を右クリックして「音符用の線を表示」を選択するか、オプション画面でこの機能を選択することで表示されます。

再生ボタンをクリックすると音声が再生され、画面がスクロールします。点が鍵盤の縁を通過する際に その音が演奏されます。鍵盤の縁の線は、音声再生画面に表示されるカーソルのようなものとお考え下さい。点が鍵盤の縁を通過する際に実際に鍵盤を押してみることで 鍵盤と点の関係をよりよく理解できます。画面に表示されている点(音)が演奏されるタイミングをより正確に確認するには、時間軸の上にマウスカーソルを置きます。カーソルとカーソルがある位置の時刻が表示されます。

音楽を書き起こす

画面の読み方を理解したら実際に楽譜の書き起しを行ってみましょう。ここではより効率的に書き起しを行う為のヒントなどをご説明します。

初めて音楽書き起こしツールに音声を読み込んだ際は、画面上の表示が混み入っていてわかりにくく感じるかと思います。設定項目を調節したり、何度か練習をすることですぐに画面の情報を簡単に読み取れるようになりますのでご安心ください。

音楽を読み込んだ後はまず最初に「ゲイン」の調整を行うことをお勧めします。「ゲイン」の調整用スライダは画面の一番下にあります。ゲインを調節することで強い音をより強調して表示したり、弱い音を消したりすることができます。

次に画面をよく見ながら音声の再生を行います。点がどのタイミングでどの鍵盤上に表示されるかをよく確認してください。

音楽が速すぎて確認が難しい場合は「速度」のスライダで再生速度を変更します。再生速度を遅くすることでピッチを変更せずに再生速度だけを遅くすることができます。

聞こえている音よりも多くの音が画面上に存在するように見えることもあります。同じ時間に表示される複数の点は倍音を表しています。何らかの音を 楽器が演奏する場合(例えばギターなど)、楽器は基音を演奏します。これが実際に聞こえてくる音です。それと同時に倍音と呼ばれるいくつかの高音が現れ、 音を生成している楽器それぞれの特徴を与えます。音楽書き起こしツールではこうした倍音をできる限り表示しないようになっていますが、完全に消し去ることはできません。 実際に楽譜に書き起こす音を見分ける方法としては以下のような作業が考えられます。

再生コントロール

様々な再生コントロールが画面の読み取りをアシストします。

再生用コントロール

再生: 音楽書き起こしツールに読み込んだ音声を再生します。

停止: 音楽書き起こしツールに読み込んだ音声の再生を停止します。

先頭に戻る: このボタンをクリックすると音楽の先頭に戻ります。ループが設定されている場合はループの開始位置に戻ります。

早戻し: 音声を早戻しします。早戻しの速度はオプション画面で選択できます。

早送り: 音声を早送りします。早送りの速度はオプション画面で選択できます。

スクラブ: スクラブモードを使うと音声の再生が停止されている状態でその時点の音声を聴くことができます。特定の場所で再生を一旦停止、その時点で再生されている音を確認する際に便利な機能です。

ループ: 音声のループ再生を設定/解除します。画面を右クリックするとループ再生のコントロールを行うことができます。ループする範囲を設定する場合は右クリックメニューから「ループ開始を設定」や「ループ終了を設定」を選択し、それぞれの位置を設定します。開始位置と終了位置の線が画面上に表示されます。

メニュー

ファイル==> 開く: 読み込むファイルを選択します。

ファイル ==> CDトラックを読み込む: CDの音楽を音楽書き起こしツールに直接読み込むことができます。音楽書き起こしツールが自動的に曲の情報をダウンロードするにはCDDBを使ってCDトラックの情報を検索のオプションが選択されている必要があります。

再生コントロール==> ループ、再生、停止: 画面下部の再生コントロールボタンを同じ機能です。使い方は前述の「再生コントロール」の項目をご覧ください。

鍵盤

鍵盤をクリックすると対応する音が再生されます。書き起しに必要な音がどこにあるのかを確認する際にお使いいただけます。

画面下部には調律スライダーがあります。このスライダを使って鍵盤の調律を行うことができます。音楽書き起こしツールではA440(A=440Hz)にデフォルト調律されています。

ゲイン: 画面に表示される点の色の濃さを調節します。強い音は前景色で表示され、弱い音は背景色で表示されます。前景色と背景色は画面を右クリックすると設定できます。ゲインのスライダを動かすとその場で変更が適用されます。

速度: ピッチを変更せずに再生速度のみを変更することができます。演奏が速すぎる場合などに便利な機能です。スライダを左右に動かして適切な速度に調整します。

音量: 再生コントロール用ボタンの横には音量調整スライダや、デシベルメーター、再生時間を表示するデジタルクロックなどがあります。

オプション

全般

CDDBを使ってCDトラックの情報を検索

このオプションにチェックが入っている場合、CDから音声を読み込む際に自動で音声情報の検出が行われます。

早送りの速度

音楽書き起こし画面で早送りを行う際の速度を設定します。

早戻しの速度

音楽書き起こし画面で早戻しを行う際の速度を設定します。

音声出力デバイス

音声の再生を行うデバイスを選択します。

フォーマットの警告を表示

音楽書き起こしツールの使用に最適なフォーマットのファイル(16khzのWAVファイル)以外のファイルが読み込まれる前に警告を表示します。

表示

方向

以下のいずれかの方向を選択します:縦または横。縦を選択すると鍵盤が画面の下に表示され音が上下にスクロールされます。横を選択した場合は鍵盤が画面左側に表示され音が左右にスクロールされます。

鍵盤に音名を表示する

鍵盤上に音名を表示する場合はここにチェックを入れます。表示と非表示の切替えは鍵盤上を右クリックすることでも行えます。

Wave画面を表示

画面上部に音声の波形を表示する場合はチェックを入れます。波形画面を右クリックすると非表示に切り替えることができます。

時間軸を表示

時間軸を表示する場合はチェックを入れます。時間軸を右クリックすると非表示に切り替えることができます。

音符ラインを表示

鍵盤の幅に沿って画面上に線が表示されます。線を表示することで、周波数を表す点がどの鍵盤上にあるかがわかりやすくなります。

音符をハイライト

マウスが置かれている鍵盤に対応する線がハイライトされます。

前景色と背景色を設定する

それぞれのボタンをクリックし、画面に使われる色を設定します。色の設定は鍵盤上を右クリックすることでも行えます。