パートと譜表はパート画面(下図参照)で編集することができます:


ボタン

選択したパート/譜表を1つ上に移動します。

選択したパート/譜表を1つ下に移動します。

選択したパート/譜表を削除します。

選択したパートの一番後ろ、または選択した譜表の下に新しい譜表を挿入します。

新しいパートを一番下に挿入します。


パート名の短縮

パート名には短い名前を付けることができます。短い名前を付ける場合はパート名の後ろにバックスラッシュ(\)を入力し、その後ろに短い名前を入力します。例えば「ソプラノ」というパート名に「S」という短い名前を付け、「ソプラノ」という長い名称は楽譜の一部にだけ表示し、残りの部分には「S」という短い名前だけを表示したいという場合は、パート名の欄には「ソプラノ\S」と入力します。譜表のどの部分にパートの全体名を表示し、どの部分に短い名前を表示するかは「楽譜」メニューの「パート名の繰り返しを設定」から設定することができます。

タブ譜

「タブ譜」にチェックを入れると五線がタブ譜に変わります。詳しくはタブ譜をお読みください。

ドラムキット/ピッチの無い打楽器

ドラム譜を作成するにはボタンのプルダウンメニューまたはボタンのプルダウンメニューからこのオプションを選択します。ドラム譜を選択した場合、打楽器のプロパティや符頭、譜表のどこに音符を配置するかなどの設定を行うことができます。詳しくはドラムキット のページをご参照ください。

楽器またはVSTi

譜表の各五線にはそれぞれ異なる楽器を割り当てることができます。楽器の割り当てを行うには、まず割り当てを行うパートの譜表を一覧から選択し、次に一覧の下にあるプルダウンメニューから希望の楽器を選択します。必要に応じて同様の作業を各パートの譜表に行います。

また、一覧の楽器の代わりにVSTiを割り当てることもできます。VSTiを割り当てる場合もまず割り当てを行うパートの譜表を一覧から選択し、次にプルダウンメニューの右横にあるVSTiボタンをクリックしてVSTi画面から必要なVSTiを選択します。