ドラム譜は様々な打楽器用の楽譜です。打楽器にはピッチがあるものと無いものがあります。ピッチがある打楽器の楽譜は通常の五線譜を使って作成できますが、ピッチがが無い打楽器(ドラムなど)の楽譜はドラム譜を使って作成します。

ピッチの無い打楽器の棋譜方法には様々あります。

新規ドラム譜は以下のいずれかの手順で開きます:

以下の手順で新規楽譜ウィザードを使って開くこともできます:

既存の楽譜にドラム譜を挿入するには、以下のいずれかの手順で「五線とパート」ダイアログを開きます:

「五線とパート」のダイアログが開くので以下の手順でドラム譜を挿入します:

ドラム譜にはパーカッション系の楽器の演奏用マップを使って表示します。演奏する楽器は五線上の位置と符頭の形で示します。符頭は通常の音符と同じ形のものの他、バツ印が入ったもの、ひし形、上向き三角形、下向き三角形があり、1つの5線上に最大5種類の打楽器の楽譜を表記できます。ドラムのマッピングが行われていない場合は音符を使ってドラムの演奏位置を挿入することができません。Crescendoには楽譜のマッピングがデフォルト設定されています。マッピングの変更方法は ドラムマップ画面 をご覧ください。

ドラム譜にパーカッション用の楽器を挿入する方法は以下の通りです:

  1. 五線に音符を挿入するのと同じ方法で音符ツールを使います。
  2. 音符の一覧から必要な楽器用の音符を選択し、楽譜内に挿入します。
  3. 同じ位置に複数の楽器がマッピングされており音符を別の楽器のものに変える場合は音符をクリックし、スムーズメニューから必要な音符を選択するか、音符を指定した状態でShiftキーを押しながらマウスホイールを動かして別の音符を選択します。

音符自体を削除し新しく音符一覧から選択して挿入しなおすこともできます。