書き込みプロセスを変更するため、以下の設定を変更することができます。初期設定と書かれているものはあらかじめ選択されたものです。VideoPadを使う上で何度も同じ設定を入力しなくて済むよう、設定事項は保存されます。

書き込み速度

書き込むを行う速度を選びます。使用するドライブおよびメディアに適した速度のみが表示されます。通常、できるだけ速く書き込みを行うため[最速]を選びます。

枚数

書き込みを行うディスクの枚数を設定します(初期設定は1枚)。

オーバーバーンを使う

このオプションを選択すると、VideoPadは書き込みを行うファイルの合計がCDメディアのサイズを越えている場合でも、全てのファイルの書き込みを試みます。書き込みに失敗した場合はファイルの数を減らしてください。DVDメディアではこのオプションが機能することは稀ですのでご注意ください。

再書き込み可能なディスクの内容を消去

このオプションにチェックを入れると、上書きが可能なディスク(CD-RW、DVD-RW、DVD+RW、BE-REなど)に書き込む際は既に書き込まれている内容を自動的に消去します。このオプションにチェックが入っていない状態で、書き込み済みのディスクに書き込みを行おうとすると書き込みがキャンセルされる旨を伝えるメッセージが表示されます。書き込みドライブメニューから「書き込み済みディスクの内容を消去する」を選択することでも消去することができます。

書き込み後内容が正しいか確認する

VideoPadが書き込みを完了後内容の確認が行われます。

Disketchラベル作成ソフトでDVDラベルを作る

書き込み作業が完了するのをお待ちいただく間、Disketchディスクラベル作成ソフトを使ってDVDやブルーレイディスクのラベルやジャケットを作成してみますか?

しおりをチャプタとして使う

タイムラインに設定したしおりを動画のチャプタとしてエクスポートします。しおりを設定するにはタイムライン上で右クリックし「しおりを設定」メニューを選択します。

メニューを挿入

このボタンをクリックするとメニュー作成ダイアログが開きディスクにメニューを挿入することができます。