エフェクト画面ではエフェクトの挿入や編集を行います。エフェクトが挿入されたクリップはクリップのプレビューをご覧ください。

エフェクト画面を表示する

エフェクトの挿入や編集を行う際はエフェクト画面が開きます。詳しくは動画エフェクトまたは音声エフェクトのページををご覧ください。

エフェクトやテンプレート、プラグインを挿入

ボタンを押してエフェクト一覧を開きます。エフェクトまたはテンプレートを選択して現在のクリップに挿入します。

テンプレートは複数のエフェクトをエフェクトチェーンとして保存したものです。エフェクトの順序やパラメータの値などもテンプレートに保存されます。

また、プラグインを読み込むを選択することでファイルからプラグインを読み込むことができます。

現在のエフェクトを選択

エフェクト名をクリックするとエフェクトが選択されます。選択したエフェクト名の表示が青に変わり、どのエフェクトが現在選択されているかがすぐにわかります。

クリップのプレビューにはエフェクトウィジェットが表示され、現在選択されているエフェクトを挿入しながら映像を確認することができます。

エフェクトを削除

xボタン(エフェクト名の右横)をクリックするとエフェクトを削除します。

エフェクトの詳細を表示/非表示

-(エフェクト名の左横にあります)をクリックするとエフェクトの詳細が最小化されます。

+(エフェクト名の左横にあります)をクリックするとエフェクトの詳細が最大化されます。

エフェクトのプリセット

エフェクトによってはプリセットの値が設定されているものがあります。プリセットはプリセットを選択 のプルダウンメニューから選択することができます。

エフェクトのパラメータメニュー

エフェクトによってはエフェクトのパラメータメニューでパラメータの詳細設定ができます。エフェクトのパラメータメニューを開くにはボタンをクリックします。

エフェクトのパラメータメニューを使って、エフェクトに動きを加える曲線のリセットや切り貼りができます。曲線は事前設定された曲線から選んで変更することができます。

エフェクトを動かす

エフェクトによってはエフェクトの動きの編集画面を使ってエフェクトに動きを加えることができます。エフェクトの動きの編集画面を開くにはボタンをクリックします。

エフェクトに動きを加える作業についての詳細は動画エフェクトを動かすのページをご覧ください。

エフェクトのマスキング

エフェクトのマスクはエフェクトを挿入する領域を指定するために使います。マスクを使わなかった場合はフレーム全体にエフェクトが挿入されます。マスクを使った場合はマスクで指定した部分にだけエフェクトが追加されます。

エフェクトのマスクを追加するにはボタンをクリックします。

エフェクトのマスクの使い方についての詳細はエフェクトのマスキングのページをご覧ください。

テンプレートとして保存する

ボタンをクリックすると現在のエフェクトチェーンがテンプレートとして保存されます。

保存したテンプレートはエフェクト一覧画面のテンプレート の領域で見つかります。

テンプレートを編集

ボタンをクリックしてテンプレート一覧を開き、テンプレート名の変更やテンプレートの削除を行います。

エフェクトの順序を変更する

またはボタンをクリックして現在選択されているエフェクトを上下に移動します。

また、マウスを使ってドラッグする方法でも順序を変更することができます。

複数のクリップにエフェクトを挿入する

置き換えるをクリックして、タイムライン上で選択されている全てのクリップのエフェクトを置き換えます。

追加をクリックして、タイムライン上で選択されている全てのクリップ用のエフェクトチェーンの最後尾にエフェクトを追加します。